2019年2月15日金曜日

害獣?(オアシス農場)

ここのところ雪や雨が多くまたこの時期閑散期にあたりあまり畑作業がありません、育てているものも多くはなく少し寂しいい畑になっています。

本日調子の悪かったトラクターをメーカーに点検してもらいました、交換する部分も多くありましたが一番はエンジン内のクリーニングが必要で黒煙が出るのはシリンダー及びピストンの汚れが原因で燃焼効率が落ちそのためだそうで、直すのに費用は約50万円ほどかかるとのことでした、当面そのまま使うことができるようですが並行して新たなトラクターを物色しておくことも必要であるとアドバイスを受けました。ちなみにこのトラクターは形式を見ると初代のようで27年ほど前のものであるとのことでした、年間10時間ほどしか使いませんので気を使いながら使っていきたいと思います。(クルマならとっくに買い替えをしていますがやはり頑丈にできています。)

作物を食い荒らすモノがいます、冬は動物たちも食べるものが少なく生きるためには必要です、少しは大目に見たいと思います。
ニンジンです、じくられ頭をかじられています。ウサギだと思います。足跡がありました。
大根です、これもかなりかじられています、たぶんウサギです。
鳥の羽が散乱しています、本体は見当たりませんでしたが猫などに襲われたのではないかと思います。
 
キャベツです、これも葉がかじられています、鳥の仕業です。
トラクターで耕していると鶺鴒が親子で寄ってきます、この時期毎年みられる光景です。

2019年2月8日金曜日

畑の様子(オアシス農場)

4月並みの暖かさだったかと思うと翌日は一けた台の気温だったりとか今年も異常気象気味です、インフルエンザも猛威を振るっています、花粉も飛び始める頃で両方かかると重症化するようでちょっと不安です。

2月になりもう間もなく播種が始まります、25日前後よりナス、ピーマン、3月初旬よりレタス、キャベツ、ジャガイモの植え付け、半ば過ぎよりニンジンや小松菜、春菊、パクチー、ゴボウなど行う予定です。

現在の畑の様子はさみしいものですがそれでも春の収穫に向けて順調?に育っているものもあります。
 

スナップエンドウですが、こぼれ種より発芽した小松菜が猛威を振るっています、これでもだいぶ収穫しています、なかなか評判は良いです。
ソラマメです、昨年とあまり変わらない状態です。
玉ねぎです、少し成長が早いような感じです4月終わりごろより収穫できると思います。
ニンニクです、ここまでは順調です。
小松菜、ホウレンソウ、ブロッコリー、ニンジン、大根は順調に販売できそろそろ収穫終了になります。
 今年も種取に挑戦しています、今年はカブ(赤と白)赤玉ねぎ、これからニンジン、好評だった三浦大根も採取しようかと思っています。

カブです、売れ残りを再度植え付けしました、アブラナ科は丈夫です、新たな根が生えてきていたので植えてみました、新たな葉も見え始めているので大丈夫かと思います。
 
 
赤カブです、白カブとは離れた場所に植え付けしました。
赤玉ねぎです、今年収穫したものから芽が出てきたものを植え付けしてみました。
一玉より数本の芽が出てきています、今年収穫予定のよりやはり太くなっています。
 
新種の小松菜?
普通種の小松菜の中に紫色をした小松菜を数本発見しました、この種のみ取るのは難しいかと思いますが採取したいと思います。
今年より本農場も農業委員会より就農許可を正式にもらいました、農業従事者の減少により一般法人にも参入しやすいように変わってきています、今後さらに本農場も発展させていきたいと思っています。

2019年1月8日火曜日

あけましておめでとうございます。

今年はラグビーのワールドカップが日本で開催されます、大学時代より36歳までラグビーの現役を務めてきた私にとって世界最高峰の戦いを見るのは楽しみであります、また平成最後の冬です、5月より新元号になります、新たなステップをこの農場も踏み出していきたいと思います。
 
畑もだいぶ整備できてきました、夏場は野菜で埋め尽くされていた農場もこの時期は寂しくなっています。
 
ナス・ピーマン畑でした、現在では↓のようになっています。
この風景だけを見ると植わっていた状況が想像ができません
里芋畑です、今は↓のようになりました。
 


大豆畑です。
やはり前方の小屋以外面影は全くありません。
夏、秋野菜が終わり全体にこのような状態になっています。
 しかしすべてがこのような状態ではなく好評のスナップエンドウやニンニクやほうれん草、小松菜、ニンジンなど収穫できるものもまだまだ植わっています。

スナップエンドウです、雑草のように見えますが小松菜です、コンパニオンプランツではなくこぼれ種より自然発生です、アブラナ科の野菜は丈夫です。
ソラマメです、所々空白になっています、うまく発芽しませんでした、この畑で採種した種を蒔きましたがソラマメゾウムシに食われている物も多数ありそれが原因です、調べると採種する株には農薬をかけるべきだとあります、他の方法を模索する必要があります。
ニンニクです、ホワイト6辺です、これも今年の春収穫したものを植えました、今の所順調ですが一昨年はここから育ちませんでした、見守っていきたいと思います。
赤玉ねぎです、採種用です、初めての試みでうまく採種できるかなんとも言えません、うまく採種できれば今後も続けていきたいと思います。
 

小松菜です、これは種を蒔きましたF1種です、ぼちぼち収穫をしていますが自然発生したものの方がしっかりしていてうまそうです。
是非今年も本農場よろしくお願いします。






2018年12月3日月曜日

落花生(オアシス農場)

 だいぶご無沙汰しています、仕事の忙しさにかまけ更新をさぼっていました。
アッという間に12月になって本年もあと一カ月を切って平成最後の冬を終えようとしています。
来年に向けた作付けの計画や今後の方針を考えつつ本業を行っています。
5月5日に播種をしました、オオマサリ10列、落花生10列、その後オオマサリ5列、全部で25列とオアシス農場では最大の面積をの播種を行いました。
5月18日の画像です、見ずらいですがようやく発芽を確認できました。
6月2日の画像です、約1カ月ようやく落花生とわかるようになってきました。
7月7日現在、雑草も目立つようになってきました、このころより雑草との戦いになります。
7月13日の画像です、花が咲き始めました。
8月1日の画像です、本年は酷暑で成長具合が心配でしたがここまでは何とか大丈夫です。
8月31日の画像です、落花生なのか雑草なのかわからない状態です、酷暑続きでとても昼間畑にいることができなかったせいもありますが何とかしなくてはなりません。
9月10日の画像です、何とかここまで駆除できました、一安心です。
10月19日の画像です、十分大きな落花生が取れました、今年も好評でした。

炒りよう落花です、今年はぽっち積にしました。
4名で午前中かけもいでもらいました。
なかなか良い出来でした、(まだもぎ取り途中です)これから販売もしていきます。
5月より11月まで7カ月かけ収穫まで行いました、結構長いことかかりましたがおいしい落花生が食べられて満足できました。

2018年8月1日水曜日

耕作(オアシス農場)

台風が来たおかげで水不足が少し解消されました、水が好きなナスなどは元気になりました、水分は野菜だけではなく雑草も勢いを増してきています。
じゃがいもの収穫がすべて終わりそこを整地しなければなりません、他にも数か所雑草畑になっていた所も含め本日トラクターで耕しました。
じゃがいもが植わっていた所です。刈った草を取り除かなければ耕せず雑草を取り除きました、猛暑の中頑張りましたが体力の限界になり半分ほどしかできませんでした、2日後に残りを耕したいと思います。
やはり雑草が多くきれいにはなりませんでした、あと3~4回は耕す必要があります
イチゴが植わっていた場所です一度は耕しましたが時間がなくそのままにしていました、ここも雑草を取り除いてから耕しました。
米ぬかを蒔きました、これも結構重労働です。
ここも2~3回ほど耕す必要がありそうです。
 これ以外にも3か所ほどトラクターでかき回しました。
本来であればもっと早く耕したかったのですが、トラクターのバッテリーが上がり動かなくなっていました、買いに行く時間もなく遅くなりましたがようやく新しいバッテリーを購入し動くようになりました、これからは秋冬用の播種が始まります、早急に土づくりを行う予定です。

熱すぎて全く葉物は育てることができません、今年は手伝ってくれる人も前年より少なく今植えてあるものの管理で手一杯となっています、本来であれば人参やキャベツ、白菜などの播種も行わなければならない時期に来ていますがどうしようかと思案中です。
しかしすでに植えつけてある夏野菜は順調です、ナスなどはおいしいと評判です。
ナスです、昨年は収穫が遅れたため大きく育ちすぎ株を痛めてしまったためこの後あまり収穫ができませんでした、今年は早めに収穫することで今の所順調です。
パプリカです、かなり大きく成長しています、これは赤くなるものでかすかに色づき始めています。
これもパプリカです、こちらはさほど大きくはありませんが色づいています、もうじき収穫です。
何者かに食われています、鳥ではないようです、ハクビシンはいると聞いていますが犯人か定かではありません、ピーマンも食われています。
こんな感じの和綿畑でしたが、数日かけ雑草を抜き取りました。
現在はこのような感じで急激に大きくなってきています。
花もそこかしこで咲いています。